ドライガスシールを改修する7つのステップ:最適なパフォーマンスの確保

09 February 2024

5分で読めます

回転機が最前線にある業界では、ドライガスシールのようなコンポーネントの重要性はどれだけ強調してもし過ぎることはありません。メカニカルシールは、重要な機器の効率的で信頼性の高い動作を保証する上で、極めて重要な役割を果たします。ドライガスシールコンポーネントが時間の経過とともに摩耗するにつれて、最高の性能を維持し、シール寿命を延ばすために改修が不可欠になります。ジョン・クレーンのドライガスシール改修プロセスの7つの手順は次のとおりです。

  1. 製品の受領:正しく開始
    このプロセスは、受領したドライガスシールの、詳細な事前文書レビューから始まります。これには、オペレーターの安全を保証する「安全取扱」証明書の確認が含まれます。この予備チェックが完了すると、改修をエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムに記録され、最初から体系的なアプローチが保証されます。

  2. 取り出しと検査:エキスパートタッチ
    ジョン・クレーンの専門の改修技術スタッフは、業界をリードする規格、標準に従って、ドライガスシールを分解します。結果は文書化され、各コンポーネントは洗浄されて、その状態が評価されます。

  3. 検査報告書:シールを知る
    ドライガスシールが分解されて検査されると、包括的な検査報告書が提供されます。これには、ドライガスシールの状態の説明を含む詳細な画像が含まれます。特定の問題の根本的な原因を理解したい場合は、根本原因分析(RCA)をリクエストできますが、追加料金がかかる場合があります。

  4. コンポーネントの改修:新しい命を吹き込む
    検査報告書の結果に従って、コンポーネントは再調整または交換され、ドライガスシールが最適な状態に戻されるようにします。消耗部品は摩耗するため、最適な性能を確保するために交換されます。

  5. シールの組み立て:最高の精度
    組み立てプロセスは極めて精密に行われます。各コンポーネントは、元の製造プロセスに従って組み立てられます。ジョン・クレーンの社内独自の文書とカスタマイズされたツールにより、改修されたドライガスシールは、新品の品質を反映し、精度と信頼性が保証されます。

  6. シールテスト:完璧さの確保
    組み立てられたドライガスシールは、カスタムメイドのテストを受けます。これらのテストには、流量、温度、トルクなどのさまざまな主要パラメータが含まれます。その後、詳細なレポートが提供されます。さらに、対面リクエストのオプションを使って、遠隔立会テストを手配し、プロセスの完全な透明性を確保することができます。

  7. 出庫(パッキンおよび出荷):安全な輸送の確保
    最終ステップは、ドライガスシールの改修の完全性を維持するために非常に重要です。各ドライガスシールは個別に真空包装され、発泡梱包され、ジョン・クレーンの輸送ケースに入れられます。ドライガスシールの長寿にとって非常に重要である、乾燥した環境を維持するために、シリカバッグが追加されます。さらに、補助部品、取り付けキット、スペアが同梱されます。出荷についてお知らせするために、パッキン明細書などの必要な書類はすべて事前に提供されます。
常に安全第一

プロセス全体は、最初から最後まで、最高の安全規格を遵守し、進化し続ける排出ガス規制に準拠しています。これにより、ドライガスシールが単に改修されるだけでなく、最新の安全と環境の規格に適合したものになることが保証されます。

ドライガスシールの改修プロセスに対するジョン・クレーンの包括的なアプローチは、すべてのステップの重要性を強調しています。これは、ドライガスシールの寿命を延ばすだけでなく、安全で環境に優しい方法で最適な動作を確保することを目的としています。

徹底的で専門的な改修により、ドライガスシールを効率的かつ確実に本来の状態に戻す方法について、さらに詳しく知る準備はできていますか? ビデオ、インフォグラフィック、ブログなどは、こちらでご覧ください。

Scroll to top